「混浴の道標」画像掲示板
は じ め に 混浴温泉マナーについて 全国混浴友の会 ゆけむり写真館 ゆけむり映画館 本日の混浴温泉
各種掲示板 ゆけむり会情報 ゆけむり会レポート 撮影禁止の混浴温泉 L i n k 本日の混浴温泉ランキング

混浴露天風呂検索総合サイト

ゆ け む り 画 像 掲 示 板


[トップに戻る] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
題  名
イメージ  (記事の左にアイコンが表されます)
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。自分の記事を修正・削除できて便利です)
文字色
・・・枠のある画像はクリックすると拡大表示します・・・


豪華客船(8日目・最終日)  投稿者: おやっちゃん 投稿日:2014/09/30(Tue) 16:29 No.7559

そしていよいよ最終日。
早朝より朝ごはんを食べ、下船の準備をする。
前日に希望する下船時刻を用紙に記入し、部屋に届いたバゲージタグを荷物に付け、部屋の前へ出しておくと、
係りの方が、運び出してくれるシステムだ。

また前日の夜に船内チップ、その他有料利用分の明細がお部屋に届きます。
気になる方は乗船中、いつでも5Fにある機械にクルーズカードを通すと、その時点までの明細を確認する事が出来ます。

一週間乗船して感じた事は・・・・
こんな生活をしているとアホになりそう・・と言うのを感じましたね。
絶対、病気にもなりますよ。(笑)

毎日、部屋に届けられたプリンセス・オリジナルチョコレート→

←コルサコフ入・出国と、ある意味貴重な網走出国と小樽帰国のスタンプ?

ロシアの税関職員は几帳面なのか、真っ直ぐにスタンプを押してあります。
またコルサコフのスタンプは通常50ページに押されるそうです。
何故、50ページなのかは意味不明??
他の方たちは皆、50ページでしたが、私の50ページは使用済みの為、
49ページに押されていました。

一週間お世話になった専属の給仕のスタッフ(フィリピン人)と、同席だった関西のご夫婦→

とうとう下船の時が来ました。
また機会があれば乗ってみたいと思います。
  ♪蛍のひか〜り 窓の雪〜〜♪


一週間の船旅日記はこれでおしまい♪





Re: 豪華客船(8日目・最終日)   KIYO♂ - 2014/10/02(Thu) 06:34 No.7560

おやっちゃん こんにちは♪

詳しい旅程内容の掲載 お疲れ様でした。

豪華客船は 憧れ ですが小心者の当方は船内生活に気後れしそうです。

コルサコフ港 稚内港 間の定期航路は今年9/24で季節運行を終了したようです。





Re: 豪華客船(8日目・最終日)   おやっちゃん - 2014/10/02(Thu) 13:41 No.7561

KIYO♂さん、こんにちは。

御覧頂き有難うございます。

豪華と言えるのかどうか解りませんが、非日常を味わう事が出来ました。
少なくても、お腹が空いた!と言う事は無かったですね。(笑)

>コルサコフ港 稚内港 間の定期航路は今年9/24で季節運行を終了したようです。

稚内〜コルサコフへの定期便は終ったのですか?
また来年の春過ぎから再開かな〜〜?

後日、「湯上がり処」でコルサコフの街並み等をUPしますので、是非、御覧下さいね。













豪華客船(7日目)  投稿者: おやっちゃん 投稿日:2014/09/30(Tue) 15:19 No.7554

早朝より14Fのホライゾン・コートで食事を済ませ、7Fのプリンセスシアターに集合。
船は港に接岸せず、コルサコフ沖で停泊している為、テンダーボートでの移動となる。
テンダーボートは定員が150名なので、グループごとに分けられる。


そしてここで一旦、パスポートを返却される。
確認すると「網走出国」と「コルサコフ入国」のスタンプが押してあった。

4Fより下に階段を下りて行くと乗り場がある。
船にくっついている時は小さく見えるがわりと大きい。


船との隙間はあまり無いが、安全上の理由で車椅子の方は利用できません。→

テンダーボートで約10分、コルサコフに到着。
波が高く、遊園地の絶叫マシンのようであった。












Re: 豪華客船(7日目)   おやっちゃん - 2014/09/30(Tue) 15:21 No.7555

沖合いに停泊している船→

コルサコフの街並みや、その他の画像は後日「湯上がり処」で公開予定です。

帰りは空いていたのでテンダーボート内を撮影してみました。
テンダーボートは中央付近に乗船口があり、前部と後部に分かれています。
前部→  後部→  操舵席→

←テンダーボート内部から見たサン・プリンセス  ←そして到着

ここで再度、パスポートを没収される。
そして手続き完了後、専属のルーム・スチュワードが夜に部屋まで返却に来てくれます。

今朝、コルサコフへ行く前に頼んでおいたフルーツが部屋に届けられていた。
毎日、毎日、フルーツを頼めとばかりに用紙が部屋に置かれていた→






Re: 豪華客船(7日目)   おやっちゃん - 2014/09/30(Tue) 15:23 No.7556

とりあえず小腹が空いたので、ラーメンを食べにホライゾン・コートへ行った。
これが微妙な味のラーメン→  そしてこれが冷やしそーめん→

良く考えてみるとピザを食べ忘れているではありませんか!
っと言う事で、その後8Fのヴェルディーズ・ピッツェリアへ向かった。
おばっちゃんが注文したピザ・カプリチョーザ→  そして私のピザ・タランティーナ→

そして夜に行われる「グランド・バルーンドロップ・さよならパーティー」に使用する風船をアトリウム上部にスタッフが用意していた。
そこでおばっちゃんも手伝う事に。
最終的には画像の3〜4倍の風船の数があった。






Re: 豪華客船(7日目)   おやっちゃん - 2014/09/30(Tue) 15:26 No.7557

こちらはヴィスタラウンジで行われたスポットライトショータイム。
この迫力あるピアノの演奏は素晴らしかった。


そしてまたまた人気のマジックショー。
今度は広さも十分のプリンセスシアターで開催された。


タネを見破ろうと一番前方に座ったが????








Re: 豪華客船(7日目)   おやっちゃん - 2014/09/30(Tue) 15:28 No.7558

とうとう最後の夕食となる。
いい加減飽きていたが、最後になるとやはり寂しい。


ナス、椎茸、海塩の串焼き→  魚介類の三種盛、柑橘類とアボガド添え→

←ダブルビーフ コンソメスープ  ←ズッキーニとエッグプラントの網焼き、サンドライトマト、チャイブとロメインレタスの芯添え

ニューヨックカットの網焼きストリップステーキ・グリーンペッパーコーンソース→

←ムール貝の水夫風、白ワインクリームソース  ←そしてデザートのアイスクリームとケーキ

夜はライブ演奏の中、盛大にバルーン・ドロップのパーティーが行われた→

そして深夜2:00に時差が逆戻りします。
ちょっと得した気分♪ その為、「時差で2時間バックパーティー」が深夜まで行われていた。













豪華客船(5日目)  投稿者: おやっちゃん 投稿日:2014/09/27(Sat) 10:15 No.7544

五日目のAM6:00に、国後海峡を通過すると船内新聞に書いてあったので、早起きして見に行った。
国後島と択捉島の間を通過する時刻より早めにデッキへ行ったのだが、既に通り越していた。
そして両島の間から朝日が上がった→

←ホライゾン・コートはAM6:00から開いているので、軽く食事を取る事にした

しかし、リージェンシーの朝食の魚が何だろう?と気になり、ここでも食べた。
今日は、サーモンでした。  ついでにオムレツも頂き♪


知床半島を眺めていたら、何やら滝が二つ見える→

海から眺めるカムイワッカの滝か?と思いながら、望遠で確認したがどうやら違うみたいだ。


言い遅れましたが、ここでクルーズカードの御紹介です。
このカードはルームキーは勿論の事、船内での飲食(有料のもの)やショッピングなどに使用します。
最初の乗船時にクレジットカードの登録をしますので、船内はこのカード一枚あればOK♪

寄港時の乗船、下船もカードが必要です。
何号室の誰が、いつ乗ったか、降りたかが解るようになっています。
初日に避難訓練が行われ、全員がライフジャケットを持参で、決まられた場所へ集まらなければいけません。
これにもカードが必要で、来ていない方はアナウンスされ、部屋まで呼びに行かれます。
ズルは出来ないようになっています。(笑)

また指定のレストラン、食事開始時刻、テーブルNOも記入されています。
レストランは開始時刻より15分を過ぎると、もう中へは入れてもらえませんので注意しましょう。









Re: 豪華客船(5日目)   おやっちゃん - 2014/09/27(Sat) 10:17 No.7545

お昼前にマジックショーをやっていた。


ディブ・ザーベルさんと言う方ですが、マジシャンでは世界で一番の長身だそうです。
身長2メートルあるとか・・・横に並びましたが、流石にデカイ!


こちらは「メートルディーのワインクラブ」です。
当船の名高いワインセラーの中から、セレクトしたワインを試飲出来ます。
参加費は$25。







Re: 豪華客船(5日目)   おやっちゃん - 2014/09/27(Sat) 10:20 No.7546

今日はリージェンシーで昼食を食べた。
鶏のスープ・チーズダンプリング入り→

←フリット・ミスト

オッソブーコ・アラ・ミラネーゼ→

←オーストリアのリンツァートルテ

これはフルーツ&野菜の彫刻です。
厨房のアーティストが見事な彫刻を創り上げます。
シェフは東南アジア系の方でした。


画像中央のスイカの彫刻を創っているのはインドネシアのバリ島の方です。
スイカはこの人しか出来ないとか。









Re: 豪華客船(5日目)   おやっちゃん - 2014/09/27(Sat) 10:22 No.7547

そして夕方に網走港へ接岸。
ここで翌日の17時まで停泊します。

下船してみたけど、ここには何もない。
無料シャトルバスの時刻表があり、あとはタクシーが数台並んでいた。


再び船内へ戻る。
ヴィスタラウンジでは「落語コメディー・ショー」が行われていた。
日本人の乗客が多いと、二日目の「北海道伝統芸能公演」や今回の落語まであるみたいです。


また今日もお馴染みのレストランでの夕食です。
毎日、毎日飽きないものだと我ながら関心します。
これが有料だったら絶対に行かないのですが・・・(笑)










Re: 豪華客船(5日目)   おやっちゃん - 2014/09/27(Sat) 10:24 No.7548

高級マグロとサーモンの優雅な押し寿司→   タコの酢の物→

←二度焼きしたヤギのチーズのスフレ  ←きのこ入りクリームスープ

ボストンのしゃきっとした葉のレタス→  イチゴのソルベ(お口直し)→

←ラムの腰肉のチョップ・油で炒めて煮込んだ子牛の胸肉とチキン・ケバブの三部作  ←帆立貝の黄身焼き

デザートのバナナフランベとパイナップル・サンデー→







Re: 豪華客船(5日目)   おやっちゃん - 2014/09/27(Sat) 10:25 No.7549

ほぼ毎日の様に演奏されているクラシック音楽。
食後に聞くと何故か眠たくなってくる。


小さくて見辛いが船内(客室)の見取り図です。
初日は、どっちが前だか後だか解らず、迷うこともしばしば。
それではお休みなさい。












豪華客船(4日目)  投稿者: おやっちゃん 投稿日:2014/09/23(Tue) 15:47 No.7537

四日目は釧路に停泊です。

起床してレストランに向かっていたら、誕生日なのか、幾つかの部屋のドアに飾り付けがしてありました。


夕食時にスタッフが誕生日祝いをしてくれます。
日本人の方々は恥ずかしそうにしていましたね。

因みに本日の朝食の魚は秋刀魚でした→

←釧路港にも色々な屋台が出ています。

そして「和商市場」まで徒歩10分程度なので、散歩がてら行ってみることに。
ここは10数年前に一度来た事がありますが、殆ど記憶に残っていません。
色々な魚が売っていますね〜〜









Re: 豪華客船(4日目)   おやっちゃん - 2014/09/23(Tue) 15:49 No.7538

お昼前に船に戻り、14Fのホライゾン・コートで軽く食事を済ませます。
ここでホライゾン・コートを紹介してみましょう。

肉料理・卵料理・魚料理・スープ・サラダ・フルーツ・サンドイッチ・ケーキ・各ドリンク類など
食べ物が豊富に揃っています。
お昼は日本そばやラーメンもありますよ。

店内は他のレストランと違ってテーブルNO等はありません。
完全自由席です。

常にスタッフがうろうろしており、ドリンクの注文を取りに来ます。
水は自分で取りに行くのが宜しいかと・・・
下手に水を注文すると、有料のミネラルウォーターを運んでくる場合があるので注意しましょう。





Re: 豪華客船(4日目)   おやっちゃん - 2014/09/23(Tue) 15:51 No.7539

和商市場へ行った目的は、魚類を仕入れる事でした。
午後から購入した花咲ガニとボタンエビで、持参したシャンパンを一本飲み、お昼ねタイム。

釧路港は17:00時に出航です。
町の方々のお見送りを頂き、何となく寂しいムードになるのですね。
船での別れは辛いかも?(笑)


夕日がとても綺麗でした→

←アトリウムでは早晩のピアノ演奏が行われており、聞き惚れるおばっちゃん







Re: 豪華客船(4日目)   おやっちゃん - 2014/09/23(Tue) 15:52 No.7540

夕方に目を覚まし、食べる気マンマンのおばっちゃん→

ハーブと海塩でマリネしたシーフードの前菜→  冷奴→

←ミネストローネ・アル・オルトラーナ  ←葉野菜とベビーホウレンソウのミックス・カリカリのベーコンペコリーノチーズと松の実添え

スパゲッティ・アル・ポモドーロ→  

フライパンで焼いた子牛のスカロピーニ・マルサラワインソース・サヤインゲン・ミニトマト・クリーミーなマッシュポテト添え→

←エビフライ  ←デザートのティラミスとパイナップル・サンデー






Re: 豪華客船(4日目)   おやっちゃん - 2014/09/23(Tue) 15:55 No.7541

夕食後に社交ダンスを楽しむ方々→

→究極のハワイアン・ナイト

部屋に戻ると、コルサコフへの入・出国カードが届けられていました。

私達のカードは、ほぼ印刷されており、あとはサインをするのみ。
翌日の寄港は無しで、終日知床半島のクルーズです。
それでは、お休みなさい。








Re: 豪華客船(4日目)   AKIRA - 2014/09/23(Tue) 16:18 No.7542

おやっちゃん、こんにちは。

 またまた豪華客船の美味しい食事の画像、ありがとうございました。

 このスレッドが下へ行ってしまうのを防ぐため、下のスレッドの返信をこちらでさせて頂きます。

 江口○介さんも、実は京都で6月に亡くなられております。亡くなられたのは、本○寺というお寺で火炎に包まれながら切腹されました。ただし、「軍師官兵衛」というドラマの中で織田信○を演じた役柄での話ですが・・・。

 冗談はさておき、下とその下のスレッドのおばっちゃんの写真、広○涼子に、よく似ていますよ。本当に・・・。





Re: 豪華客船(4日目)   おやっちゃん - 2014/09/24(Wed) 13:34 No.7543

AKIRAさん、こんにちは。

江口洋介さんですが、サングラスをしているのには訳があるのですよ。
私が伺ったところは、前日の昼に、写真のサングラスをかけて日焼けしたそうです。
逆パンダみたいに目の周りが真っ白だったので、恥ずかしいからサングラスをしていたそうです。

>おばっちゃんの写真、広○涼子に、よく似ていますよ

AKIRAさん、何を企んでいるのですか?
おだてても何も出ませんよ。
まさかとは思いますが、江口洋介さんが、広○涼子さんと乗船していたかも知れません。












豪華客船(3日目)  投稿者: おやっちゃん 投稿日:2014/09/21(Sun) 09:13 No.7528

三日目は室蘭に停泊です。
毎夜、専属のルーム・スチュワードが翌日の船内新聞(日本語版)を持って来てくれます。


内容はその日のスケジュールが、書かれています。
ストレッチ・ラジオ体操・卓球・映画・ボードゲーム・コンサート・マジックショー等・・・
全てに参加するのは時間的に絶対無理です。
これでもか!っと言う位、スケジュールが組み込まれています。
新聞の右上には本日のドレスコードが書いてあります。

まずは腹ごしらえに朝食を(この日は鯵でした)→

食後に少し船から下りてみました。
見た事がないキャラクターに囲まれて、いきなり記念撮影をされます。
後ほど船内でそれが販売されていました。(笑)
ここでは登別温泉やクマ牧場、白老方面に行く方が大勢居られました。


私達は特に行きたい所が無いので、プールとジャグジー等で過ごします。
プールサイドにあるスクリーンでは「アナと雪の女王」が上映されていたので、日陰にあるデッキチェアーは満席。
日陰では無いデッキチェアーが空いていたので寝ていたら、日焼けの凄い事!
もう9月だからと安心していたのですね〜〜(苦笑)











Re: 豪華客船(3日目)   おやっちゃん - 2014/09/21(Sun) 09:14 No.7529

昼はホライゾン・コートで軽く昼食をすませ、部屋に戻りルームサービスを頼んでみました。
勿論、これも無料です。

本日のスープ→  ミックスガーデングリーン→

←シーザーサラダ  ←サイドイッチ(クラブハウスとローストビーフ)

スープは運んで来る途中でこぼれたようです。 日本では、ありえないと思います。
もう一品、シェフサラダを注文したのですが、電話での私の発音が変だったようで届きませんでした。(笑)

さて、今日のドレスコードはフォーマルです。
欧米人の方々は派手な洋服が多いのに対し、日本人は大人しいですね。
出勤途中のスーツのような方も居られました。

19:00より5階のアトリウムで「シャンパン・レセプション&ウォーターフォール」が行われます。
船長の挨拶と共にシャンパンが注がれます。
この船はこんなに高くグラスを積み上げても、倒れないぞ〜〜! それほど揺れに強いんだ!と言う事を言いたいようです。(笑)
見ている方々も大勢居られました。


そして振舞われたシャンパンで乾杯♪→






Re: 豪華客船(3日目)   おやっちゃん - 2014/09/21(Sun) 09:16 No.7530

その後、いつものレストランで夕食を頂く事に→

流石に三日目にもなると、おばっちゃんが「もうこんなん食べたないわ〜」と言い出す始末。
「何を贅沢な事を言うてんねん! 食べさせて頂けるだけ有難く思わなあかんやろ〜」と私が反論。
あと4日も食べなあかんのに〜〜〜(笑)
でも周りを見ると空席が目立つ。 皆、ブッフェに行っているのか???

温かいサーモンの燻製→  ミックス・グリーンリーフと鶉の卵のサラダ

←4種チーズのトルテリーニ・パスタ  ←ブルゴーニュ産マール種のシャーベット

牛テンダーロイン・フィレ肉 森のきのこのデミグラスソース→  ダックのオレンジ煮→

←ゆっくりと油で炒めてアジアンソースで煮込んだ豚バラ肉

バニラ・パンナタコッタとレモン・チーズケーキ&その他のデザート→

結局、この日も腹一杯食べた。(爆)









Re: 豪華客船(3日目)   おやっちゃん - 2014/09/21(Sun) 09:18 No.7531

もう二度と着る事が無いと思われるので、折角だから記念写真を一枚。


夜のアトリウムではクラシック音楽の生演奏が響いていた。


各所で50s&60sロックンロール・パーティーやラブバラード特集などが開催されていたが、
日焼けのせいか?疲れてしまい寝てしまった。

4日目に続く・・・





Re: 豪華客船(3日目)   AKIRA - 2014/09/22(Mon) 22:05 No.7532

おやっちゃん、おばっちゃん、こんにちは。

 船旅と言えば、青函連絡船、青函フェリー、東京湾フェリーという短くごくありふれた庶民的な船旅しか経験のしかない私にとって、タイタニック号を思わせるあまりにも豪華で優雅、そして貴重な船旅の写真、ありがとうございます。

 エレガントに着飾ったおばっちゃんの、あまりの美しさにも、しばらく見とれていましたが、あのサングラスのおっさんはいったい誰なんですか?私には暴○団の組員さんにしか見えないんですが・・・。





Re: 豪華客船(3日目)   同じく衛門 - 2014/09/23(Tue) 09:49 No.7533

パンチパーマじゃないので、もっと上の役職と推察します(笑)

次のゆけむり会のお土産を、沢山仕入れたことでしょ〜♪





Re: 豪華客船(3日目)   おやっちゃん - 2014/09/23(Tue) 14:05 No.7534

AKIRAさん、こんにちは。

誰も見ていないと思っていたのに、御覧頂いてたのにはビックリしました。
タイタニックを知らないので、その船と比較したら漁船程度なのかも知れません。

>あのサングラスのおっさんはいったい誰なんですか?

AKIRAさん、御存知ないのですか?
あの方は林隆三さんですよ。
たまたまレストランで見かけたので、お願いして撮影させて頂きました。
今別府さんは見かけませんでしたね〜〜


同じく衛門さんも覗いてた一味なのですね。

>パンチパーマじゃないので・・・

今時、そんな人居るのですか? 
林隆三さんに失礼だとは思いませんか?

次回のゆけむり会ですが、今回支払った旅行費用を皆さんから集ろうと予定しています。
寄付大歓迎ですよ♪
現在の福沢さんや、過去の聖徳さんが因みに大好きです。←宜しくね♪






Re: 豪華客船(3日目)   AKIRA - 2014/09/23(Tue) 15:13 No.7535

 おやっちゃん、同じく衛門さん、こんにちは。

 おやっちゃん、林隆三さんは、既に鬼籍へ入られておられますよ。と言うことは林隆三さんのオバケが出てきたんでしょうか?

 仮にオバケだとしても、林隆三さんは、こんなチンケなおっさんと違って気品あるイケメンさんでしたよ。

 同じく衛門さん、確かに「組員」では失礼でしたね。もっと偉い幹部さんですよね。





Re: 豪華客船(3日目)   おやっちゃん - 2014/09/23(Tue) 15:44 No.7536


AKIRAさん、鋭い御指摘ですね〜〜
そう言えば、林隆三さんは3ヶ月ほど前にお亡くなりになりましたね。

私も変だと思ったのですよ。
パッと見は林さんに見えましたが、目を凝らしてみると江口洋介さんにも似ていたのですよ。

第一印象の林さんだと思い声をかけたら、「そうですよ♪」とお返事を頂いたものですから・・・

良く良く考えると、気品があり知的な感じのオーラが出ている方でしたので、やはり江口洋介さんだったのですね。

江口さんって、まだ生きてますよね?









[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]
投稿画像の表示サイズを変更できます
記事bニパスワードを入力する事により、記事の修正・削除が可能です
修正では、画像の追加削除も可能です

処理 記事No 修正キー
「混浴の道標」
湯上がり処 各種送信フォーム
著作者に無断で、このサイトにある全ての画像等の転載及び、使用を禁じます
Copyright (C) 2003-2018 混浴の道標. All Rights Reserved.    Since  Feb  2003

混浴露天風呂検索総合サイト

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m71 :Edit by Yamamoto -